« 新越谷展示場 | メイン | ひろびろバイクガレージ »

愛車ハーレーの為のバイクガレージ

%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%82%AC%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B8S%EF%BC%88%E3%82%AC%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B8%EF%BC%89.jpg

 

バイクガレージのある家の施工例。

愛車ハーレーと過ごす為の専用ガレージ付住宅です。 

車(クルマ)の為の「ガレージハウスの施工例」

ご覧になりたい方はこちら↑から。

 

 

「I LOVE BIKE.」

 

S様邸は個性的な

黒いボックス状の住まい。

 

敷地にご夫婦の車が仲良く並び、

その奥はバーベキューなどが楽しめるよう、

広めに確保しています。

 

%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%82%AC%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B8S%EF%BC%88%E5%A4%96%E8%A6%B3%E5%85%A8%E6%99%AF%EF%BC%89.JPG  

 

交通量の比較的多い通りに面しており、

その面はあえてふさぐようにデザインしました。

6つの小窓がアクセントとして効いた

ファサードになっています。

 

%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%82%AC%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B8S%EF%BC%88%E5%A4%96%E3%81%8B%E3%82%89%E5%9C%9F%E9%96%93%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%AF%EF%BC%89.jpg

 

敷地の中に入っていくと、

玄関ドアの向こうには、

なにやら大きなガラスが一枚。

中をのぞくと愛車のハーレーが

圧倒的な存在感を醸し出しています。

ここに斉藤様のこだわりがあります。

 

なんと、さらに裏側にまわり込むと

もう1つの大きな玄関 があります。

そこが愛車のハーレー専用出入り口。

 

%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%82%AC%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B8S%EF%BC%88%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%AF%E5%B0%82%E7%94%A8%E7%8E%84%E9%96%A2%EF%BC%89.jpg

 

土間スペースは4帖程度の広さですが、

隣接する和室との襖を開放すると大広間に変身します。

趣味を一人で楽しむほか、奥様・友人とも

語りながら過ごすフレキシブルな

使い方の出来るスペースです。

 

%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%82%AC%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B8S%EF%BC%88%E5%A4%96%E8%A6%B3%EF%BC%89.jpg  

 

土間スペースから和室、

リビング、ダイニングキッチンへと空間を連続させ、

コンパクトなBOXながら

明るい開放感な暮らしを実現した住まいです。 

 

 

今回の現場は、デザイナー廣瀬和哉による設計です。
当ブログにて廣瀬和哉の設計施工例をご確認いただけます。

 

クルマの為のガレージハウスの施工例
ご覧になりたい方はこちら↑から。

 

ポウハウス一級建築士事務所では
ガレージハウス・バイクガレージの施工例が多数ございます。
新築計画でバイクガレージをご検討の際には
「 デザイン & テクノロジー のPOHAUSにご相談下さい。

 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.polus.co.jp/mtadm/mt-tb.cgi/2569

コメント (2)

I genuinely enjoy studying on this website, it holds good content. Never fight an inanimate object. by P. J. O'Rourke.

小松:

はじめまして。
ガレージライフ・アメリカンという雑誌を作っております小松と申します。
ブログで紹介されていますハーレーガレージに興味を持ちご連絡しているしだいです。
もし宜しければ取材をさせていただけないでしょうか?
突然のお願いで恐縮ですが、
ご連絡をお待ちしております。

小松
55madworks@gmail.com

コメントを投稿

About

2011年01月20日 10:05に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「新越谷展示場」です。

次の投稿は「ひろびろバイクガレージ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34