« ガレージハウス「空庭の家」 | メイン | 柏の「時を紡ぐ和モダン住宅」(千葉県柏市) »

耐力壁とは。耐力壁(たいりょくへき)ってなに?

「耐力壁」とは、一言で言うと

建物の「横からの力」に対して

支える力(耐える力)がある壁のこと。

つまり、耐力壁とは、築物において、

地震などの水平荷重(横からの力)に

抵抗する力をもつのことを指します。

一方、構造的に固定されていない壁のことは

非耐力壁」と呼びます。

 

「横からの力」と言うと

地震の横揺れ

台風などの強風などが

代表的なものになります。

子どもの頃に遊んだ「積み木細工」が

横からの力に弱いのと全く同じで、

建物も、(垂直方向の)上からの力には

柱で支えることが出来ますが、

横からの力には非常に弱いのです。  

 

日本に住んでいる限り

地震や台風による横からの力は

避けて通ることができません。

木造軸組工法であれば、

柱をより太くすれば、

あるいは、柱が多ければ、

建物は丈夫であると

誤解をしている人もいますが、

それは大きな間違いです。

地震や台風などの

「横からの力」から建物を支え、

倒れないようにしているのは、

柱ではなく耐力壁と言われる部分なのです。

 

耐力壁の代表的なものは、

木造軸組工法の「筋交い」です。

2X4工法では、面材といって

構造用合板などが

耐力壁として使われます。

木造住宅では、各ハウスメーカーによって

いろいろな種類の耐力壁があり、

それぞれ組み合わせて使われています。

プレハブ住宅の耐力壁は、

「ブレース」とも言われていますが、

木材の筋交いが、

鉄筋などの鋼材の筋交いに

代わっているに過ぎません。

 

耐力壁の強さを

「壁倍率」という言葉で表します。

この倍率は「その壁のもつ強さ」

言い換えることができます。

壁倍率が強い壁ほど、

壁の強さ、すなわち、

横からの力に対しても

より強い壁と言うことが出来ます。

 

では、耐力壁は建物の

どこに配置すれば良いのでしょうか。

実は偏った耐力壁の配置は

かえって建物を危険な状態にしてしまうことが

阪神大震災でわかりました。

その後の研究によると 

阪神大震災では筋交いなどの

耐力壁をいくら入れても

耐力壁のバランスが悪いと

建物が倒壊してしまったことが再確認され、

平成12年に改訂された「建築基準法」では、

耐力壁のバランスをチェックする

法律が施行され義務づけられたのです。

このことによって、従来は、

設計者や大工さんの経験でしか

入れていなかった耐力壁も

「構造計算」に基づいて

入れるように改善されています。

 

家を建てる際の

住宅業者の選定にあたっては、

使用している「耐力壁」の種類と強さ、

耐力のバランスの良い配置と

それをチェックする「構造計算」が

行われているかどうかを

営業担当に質問をして

確認しておきましょう。

 

柱の接合金物。

これも重要なのですが

これについてはまたの機会に。

 

-------------------------------------------------------

ポウハウス「公式ホームページ」

pohaus.com on Twitter

このブログのトップページへ戻る

-------------------------------------------------------

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.polus.co.jp/mtadm/mt-tb.cgi/2773

コメント (1)


Looking for viagra pills ohne rezept online kaufen?

コメントを投稿

About

2011年01月31日 21:56に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ガレージハウス「空庭の家」」です。

次の投稿は「柏の「時を紡ぐ和モダン住宅」(千葉県柏市)」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34