« ガレージハウス「Residence+3 stories」 | メイン | 春日部の「和モダン住宅」(埼玉県春日部市:2007年グッドデザイン賞受賞) »

デザイナーズハウス「Boundary(境界線)」

  %E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%B9%EF%BC%AB%EF%BC%88%E5%A4%96%E8%A6%B3%EF%BC%89.jpg

 

デザイナーズハウスの施工例の紹介です。

今回は、POHAUSホームページの
「実例紹介」のページにはまだ掲載していない
新しいデザイナーズハウスの施工例を紹介します。

デザイナー山田英彰による設計です。 

 

%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%B9%EF%BC%88%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%97%E9%9A%8E%E6%AE%B5%EF%BC%89.jpg  

 

 

「Boundary(境界線)」

 

喧騒から一線を画した境界線…バウンダリー。

 

区画整理事業によって、

北側の前面道路の交通量が

激しくなることが予想されている敷地。

 

%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%B9%EF%BC%AB%EF%BC%88%E3%83%AA%E3%83%93%E3%83%B3%E3%82%B0%EF%BC%89.jpg  

 

前面道路の喧騒や

人の視線を感じさせず、

且つ住まう人のアイデンティティを

外部に印象づけする為、

外壁という内外部を切り離す

装置の在り方について考えました。

 

キャンティレバー部は

建物全体のヴォリューム感を

安定させる為の装置として、

また、窓は四方にあるべきという

既成概念を払拭し、

北面にはサッシュを設けず、

しかし、内部空間では

風や光等を感じられる様に

空間構成や開口部の配置を行いました。

 

%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%B9%EF%BC%AB%EF%BC%88%E3%83%AA%E3%83%93%E3%83%B3%E3%82%B02%EF%BC%89.jpg  

 

内部空間では、

家族に狭すぎず、

広すぎない適度な距離感を

常に感じてもらえる様、

愛着やつながりのある

空間構成を確立しました。

 

トップライト等を使用し、

いかに家族が集まるLDK空間に

気持ち良い自然光が降り注がれるよう、

また、間接照明を使用し、

用途別の光の使い方に

注意を払い計画しました。

 

%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%B9%EF%BC%AB%EF%BC%88%E5%A4%96%E8%A6%B3%E5%A4%9C%EF%BC%89.jpg  

 

 

今回の現場は、デザイナー山田英彰による設計です。
当ブログにて山田英彰の設計施工例をご確認いただけます。

 

また、ここに「間取り図」を載せることは出来ませんが
POHAUSのデザインカタログ「THE DESIGN 2011」には
「実例写真」とともに「間取り図」も掲載されております。

 

ポウハウス一級建築士事務所では
デザイナーズハウスの建築実例・施工例が多数ございます。
新築計画でデザイナーズハウスをご検討の際には
「 デザイン & テクノロジー のPOHAUSにご相談下さい。

 

現在、「住まいブログ」人気ランキングに参加しております。
↓クリックで応援をお願いいたします。更新の励みになります。
「住まいブログ人気ランキング」

 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.polus.co.jp/mtadm/mt-tb.cgi/2757

コメントを投稿

About

2011年02月28日 20:20に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ガレージハウス「Residence+3 stories」」です。

次の投稿は「春日部の「和モダン住宅」(埼玉県春日部市:2007年グッドデザイン賞受賞)」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34