« 松戸の「心が通う和モダン住宅」(千葉県松戸市) | メイン | 館林の一軒家カフェ「the grove cafe」 »

ガレージハウス「Anacatesthesia」

%E3%82%AC%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%B9S%EF%BC%88%E5%A4%96%E8%A6%B3%EF%BC%89.jpg

 

今回は、POHAUSホームページの
「実例紹介」のページにはまだ掲載していない
新しいガレージハウスの施工例を紹介します。

今回のガレージハウスもカッコイイです。
上の写真を見ていただくと、外観だけで気になりませんか?
こんなガレージハウスが通勤途中の国道沿いに
建っていたりしたら気になってしまいます。
この施工例はデザイナー大湖正之による設計です。

 

 

「Anacatesthesia 浮遊感の中で暮らす」

 

少し地面から離れてみよう。

違う空気を感じられるように。

 

ガレージのある
プライベート性の高い住まい。
そんなS様の要望に反して、
計画地は国道に接続する道路に面しており、
周囲からよく見える場所。

そのような中でも
オリジナリティーの高い印象という
難しい希望もありました。

そのような会話の中から、
地面から離れるほどに
プライベート性が高くなる
デザインが浮かんできました。

 

%E3%82%AC%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%B9S%EF%BC%88%E3%82%AC%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B8%EF%BC%89.jpg  

 

一番下となるレベルに
ガレージを配置し、
友人とお酒を飲む、
おもてなしのダイニングを
そこから近い位置に。

 

%E3%82%AC%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%B9S%EF%BC%88%E3%83%AA%E3%83%93%E3%83%B3%E3%82%B0%EF%BC%89.jpg

 

自身が寛ぐリビングは
もう少し高い位置としました。
リビングの高さを地面から離すことにより、
正面の通りから
視線をずらす計画としました。

さらに上のフロアにある
サニタリー空間は、
全面がバルコニーに接していて
洗面、浴室と両方が
日中の日差しを感じられ、
夜は星を眺めながらの
入浴やバスコートとしても使え、
寛ぎを演出します。

 

%E3%82%AC%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%B9S%EF%BC%88%E9%9A%8E%E6%AE%B5%EF%BC%89.jpg

 

その場所、その場所で
自分らしい生活ができる空間を
連続させていき、昇るほどに
プライベート性が高くなる、

「外はとても近くに感じる、
ちょっと浮いた感覚をもつ住まい」
となりました。

 

%E3%82%AC%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%B9S%EF%BC%88%E3%83%93%E3%83%AB%E3%83%88%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B8%E5%A4%96%E8%A6%B3%EF%BC%89.jpg

 

今回の現場は、デザイナー大湖正之による設計です。
こちらから大湖正之の設計施工例をまとめてご確認いただけます。

 

また、ここに「間取り図」を載せることは出来ませんが
POHAUSのデザインカタログ「THE DESIGN 2011」には
「実例写真」とともに「間取り図」も掲載されております。

 

ポウハウス一級建築士事務所では
ガレージハウスの施工例が多数ございます。
新築計画でガレージハウスをご検討の際には
「 デザイン & テクノロジー のPOHAUSにご相談下さい。

我々と「部屋から愛車を眺める暮らし」を実現しませんか。
ポウハウスはあなたのガレージライフの夢のお手伝いをします。

 

現在、「ガレージハウス」ブログランキングに参加しております。
↓クリックで応援をお願いいたします。更新の励みになります。
「ガレージハウスブログランキング」

 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.polus.co.jp/mtadm/mt-tb.cgi/2574

コメントを投稿

About

2011年02月11日 19:09に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「松戸の「心が通う和モダン住宅」(千葉県松戸市)」です。

次の投稿は「館林の一軒家カフェ「the grove cafe」」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34