« ガレージハウスの展示場 | メイン | 温泉旅館のような和モダン展示場 »

ガレージハウス「4層住宅とインナーガレージ」

%EF%BC%94%E5%B1%A4%E4%BD%8F%E5%AE%85%E3%81%A8%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B8%EF%BC%88%E9%9A%8E%E6%AE%B5%E3%83%BB%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%83%93%E3%83%B3%E3%82%B0%EF%BC%89.jpg

 

ガレージハウス(インナーガレージ)の施工例の紹介です。
デザイナー得本裕晶による設計です。 

 

%EF%BC%94%E5%B1%A4%E4%BD%8F%E5%AE%85%E3%81%A8%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B8%EF%BC%88%E5%A4%96%E8%A6%B3%EF%BC%89.jpg  

 

 

「高低差を活かした4層住宅」

 

敷地の特徴を最大限に活かした、

明るい4層住宅が出来上がりました。

 

%EF%BC%94%E5%B1%A4%E4%BD%8F%E5%AE%85%E3%81%A8%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B8%EF%BC%88%E3%82%AC%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B8%EF%BC%89.jpg  

 

道路と1.0m程の高低差があり、

南側の高台にはマンションが建っている敷地。

高低差を活用する為、

ビルトインガレージを設けると共に、

LDKへ上がる階段の途中に

中2階収納を計画する事で、

収納量を確保しています。

 

%EF%BC%94%E5%B1%A4%E4%BD%8F%E5%AE%85%E3%81%A8%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B8%EF%BC%88%E7%8E%84%E9%96%A2%EF%BC%89.jpg  

 

高低差を緩衝する為の広い玄関は、

楽しみながら上がっていく計画とし、

奥の畳部屋は書斎兼客間。

地窓からはガレージの愛車が

眺められる位置になっています。

 

%EF%BC%94%E5%B1%A4%E4%BD%8F%E5%AE%85%E3%81%A8%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B8%EF%BC%88%E3%83%AA%E3%83%93%E3%83%B3%E3%82%B0%EF%BC%89.jpg

 

南側のマンションからの視線を防ぐ為、

あえてサッシは付けず、

バルコニーの格子やハイサッシ、

階段室の照明から

光を入れる設計としました。

また、3F廊下には

透過性のあるグレーチングを設置し、

上下階のつながりを演出しました。

 

%EF%BC%94%E5%B1%A4%E4%BD%8F%E5%AE%85%E3%81%A8%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B8%EF%BC%88%E9%9A%8E%E6%AE%B5%EF%BC%89.jpg  

 

今回紹介したお宅は、デザイナー得本裕晶による設計です。
当ブログにて得本裕晶の設計施工例をご確認いただけます。

 

また、ここに「間取り図」を載せることは出来ませんが
POHAUSのデザインカタログ「THE DESIGN 2011」には
「実例写真」とともに「間取り図」も掲載されております。

 

ポウハウス一級建築士事務所では
インナーガレージの施工例が多数ございます。
新築計画でガレージハウスをご検討の際には
「 デザイン & テクノロジー のPOHAUSにご相談下さい。

 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.polus.co.jp/mtadm/mt-tb.cgi/2954

コメントを投稿

About

2011年04月12日 12:00に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ガレージハウスの展示場」です。

次の投稿は「温泉旅館のような和モダン展示場」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34