« 越谷市にて「ビルトインガレージハウスの住宅見学会」(7/30・31) | メイン | アジアンモダン住宅「リゾートライフ」 »

『パウル・クレー展 -おわらないアトリエ』

 

東京国立近代美術館で

現在開催している(7/31まで)

パウル・クレー展おわらないアトリエ』

この展覧会は、良いですよ。

いま。東京国立近代美術館で

画家パウル・クレーの素敵な

企画展をやっております。

 

先日の火曜日に

竹橋の東京国立近代美術館に

足を運んできました。

パウル・クレーの絵。いいんです。 

「パルナッソス山へ」も有名な一枚ですが

あの色彩豊かなクレーの絵は魅力がありますよね。

線だけで描いた「天使シリーズ」も素敵です。 

谷川俊太郎氏が「クレーの天使」 という

良い本を出しています。

 

パウル・クレー展 -おわらないアトリエ』

会期: 2011年5月31日(火)~7月31日(日)

 

 

実は、ポウハウス。

パウル・クレーとは

少なからず関係があるんです。

そう。「ポウハウス(Pohaus)」の

名前の由来は「バウハウス(Bauhaus)」。

20世紀前半のドイツにあった

建築学校が、名前の由来なのです。

「バウハウス(Bauhaus)」というのは、

1919年、ドイツのワイマールに設立された

美術と建築に関する

総合的な教育を行った学校のこと。 

グロピウスが初代校長で、

ミース・ファン・デル・ローエが校長だったり、

画家のワシリー・カンディンスキーや

パウル・クレーが教鞭をとった

学校でもあります。

 

つまり、「ポウハウス」は

パウル・クレーが先生であった

学校「バウハウス」に

由来しているのです。

 

展覧会のホームページも

今回の展覧会につて

詳しく解説してありますので

是非、ご覧になって見て下さい。 

パウル・クレー展 -おわらないアトリエ』

おすすめです。 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.polus.co.jp/mtadm/mt-tb.cgi/3483

コメントを投稿

About

2011年07月24日 14:30に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「越谷市にて「ビルトインガレージハウスの住宅見学会」(7/30・31)」です。

次の投稿は「アジアンモダン住宅「リゾートライフ」」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34