« 玄関の歴史 ~江戸時代~ | メイン | 「縁側の歴史~機能編~」 »

「縁側の歴史」

「和の心」を表現し庭先の四季を楽しめる「縁側」。
その歴史を紐解く第一弾
本日は「縁側の概要」についてご紹介いたします。

「縁を結ぶ」という言葉もあるように
家と外の空間を結ぶ
クッションの役割をしているのが縁側です。

縁側は日本の文化に大きく影響を与えました。
特に俳句などでは
庭に広がる四季を楽しめる縁側が存在していたことにより
和の文化が成熟していったといわれています。

現代の住宅では「縁側」を設けない住宅が増えてきました。
これはなるべく効率的に、無駄をなくす
といった観点から減少傾向にあるのが現状です。

今このブログを読まれている方は
「縁側」は必要ないとお考えでしょうか?

「和の心」に立ち返り
「空白の空間を設けて外の自然と室内の融合を楽しむ家」
という時代に逆行した考えも素敵な家の形なのかもしれません。

PO HAUSこだわりの縁側の写真を1枚掲載いたします。
こちらは実際にPO HAUSにお住まいのお客様の写真です。

上記のような写真を見て
「縁側について私はこういうこだわりがある!!」
「家造りについて縁側をデザイナーに相談したい!!」

と思われた方は下記のアドレスまでお問い合わせください。

お客様のご要望に合わせて「オリジナル写真集」をお送りいたします。

PO HAUS 宮島 06226miyajima-ug@polus.co.jp

次回は「縁側の歴史 機能編」について更新いたします。

では、失礼致します。

「あなた」の願いが叶う家 PO HAUS blog

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.polus.co.jp/mtadm/mt-tb.cgi/3899

コメントを投稿

About

2011年11月04日 17:20に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「玄関の歴史 ~江戸時代~」です。

次の投稿は「「縁側の歴史~機能編~」」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34