« POHAUS 2014グッドデザイン賞の裏側 | メイン | きっかけは、実家の狭小住宅! »

お客様の声vol.1

 こんにちは。ポウハウスの大塚です。

ポウハウス大塚友規  

ポウハウスでは実際に住まわれている

お宅を見学できる「お客様宅見学会」を

毎週開催しているのはご存じですか。 

 お客様宅見学会に参加したいけど、

他の家にお邪魔するのは気が引ける・・・。

見学会へ参加してしまったら

営業されてしまうのではないか・・・。 

そう思われている方は

多いのではないでしょうか。

 

実際にお客様のお宅へ訪問し、

現在、お客様に見学会を開催して

いただいてくださっている

お客様にインタビューをしてきました。

ご興味があるかたは是非ご参考に

してみてください。

 

川口市 T様邸 

ポウハウスで建てられたお客様宅  

デザイナー山田英彰のコメントはこちらをクリック 

 

ご契約前に「お客様宅見学会」に参加されましたか?

<お客様>
2邸見ました。
グッドデザイン賞を受賞したお宅と、ガレージハウスで豪華なお宅です。

<営業担当>
お客様のイメージに近い家をご案内しました。毎週、2邸以上の「お客様宅見学会」を開催しておりますし、見たいお住まいがあれば調整させていただきます。

 

参考になりましたか?

また、どんなところが参考になり、家づくりに活かしましたか?

<お客様>
もちろん参考になりました。私達は造りたい家のイメージをある程度もっていたので、デザインなどを参考にするというより、施工の美しさ(精度)細かい部分の処理(タイルの割付処理、みきりなど)が確認でき、また高気密・高断熱住宅の感想が聞けまして、自分達の家にもこの様な施工をして貰えるなら、ポウハウスにおまかせして大丈夫だなと確信できました。 

  

入居しているお宅に伺うのは抵抗ありませんでしたか?

またはガッチリ営業されそうで嫌悪感はありませんでしたか?

<お客様>
もちろん抵抗はありました。
生活している場所を他人に公開するのってとても大変なことですよね。れなのにすごく感じ良く対応して頂けたのでとてもありがたかったです。
また営業されそうとは思いませんでした。担当営業さんは、そのような方ではないと判っていたので、嫌悪感はまったくなかったです。信頼していましたから。営業の方との相性は大事ですよね。  

<営業担当>
私でなければダメだってことですね(笑。

<お客様>
そこまで言ってないけどね。

 

~「お客様宅見学会」を開催する立場になって~

Qなぜ開催していただけるのでしょうか?

<お客様>
営業担当が開いてくれと言うので(笑)
でも見て頂くからには、こだわった箇所や高機能な部分はお伝えできたら嬉しいですね。私達も、伝えて頂いたのでお返しできれば幸いです。 

 

Q見ず知らずの方に家を見せるのはどうなのでしょうか?

<お客様>
無条件な一般公開だったらお断りしますが・・・
ポウハウスの営業マンが連れてくる方なら、と信頼しています。 

 

これから「お客様宅見学会」に参加される方にひと言。

<お客様>
どんなことを聞きたいのか・・・
壁紙はどう選んだのか、本当に暖かいのか、涼しいのか・・・などなど。自分達の気になるポイントを予めまとめてきてもらえるとよい気がしますね。
それによって得られるものが多い時間になると思います。

 

Q見どころを教えてください。

<お客様>
エントランスから見た1Fホール壁の
絶妙な角度。また吹き抜けによる空間の広がり。石材の使い方。和と洋の融合。ガラス壁による開放感。
落ち着いた雰囲気を持った自称「おとなのアルジール」(笑。 

  

 

 OPEN HOUSE

「お客様宅見学会」

2014年9月14日(日) 11:00-17:00

開催場所:埼玉県川口市鳩ヶ谷本町

「大人のARZILL」
~和と洋
調和する2つのスタイル~

石に魅了されたご主人と和を愛する奥様。
お住まいの所々にご夫婦のこだわりが感じられます。
クールなモダン空間にセンス良く馴染む和の設え。
クロスやインテリアのコーディネイトにも注目です。

延床面積 172.30㎡
敷地面積 228.08㎡

 

OPENHOUSEお客様宅見学会開催2014年9月14日 和モダン&2世帯住宅

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.polus.co.jp/mtadm/mt-tb.cgi/6347

コメントを投稿

About

2014年09月12日 09:16に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「POHAUS 2014グッドデザイン賞の裏側」です。

次の投稿は「きっかけは、実家の狭小住宅!」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34