« 地鎮祭 | メイン | ポラス初! »

結露しないってほんとなの?!

こんにちは、ポウハウス赤羽和美庵展示場の山中(やまなか)と申します。

今朝、起きたときに雪が降っていて 春の暖かい日差しを待ち遠しく思っているこのごろですが、

今日は『結露』のお話です。

このブログを読んでいる皆様、 “結露”はご存知かと思います。

そう、窓につく水滴。。。

こちらです。

なぜ、こんなことがおきるのか。

小学校の理科の勉強を思い出しましょう。

下手な絵ですみません。。。

図を見てもらうと、 今日みたいに外の気温が低く、室内が暖かいと、 冷たくなった窓が室内の空気中の水蒸気を冷やして水滴を発生させるので “結露”が発生してしまいます。

こういうお住まいだと せっかく暖められた室内の空気が冷やされやすくなってしまいます。

また冷やされた空気は暖房で暖めなおし、 暖められた空気は窓から冷やされ、、、、同じことの繰り返し。。。

結果的に暖房の効率が悪くなってしまいます。

光熱費も増え、、、冬は出費がかさんでしまう。。。

なんてこともあります。

 

は熱の出入り口が一番多い場所

 

そこで!

窓の性能を上げることで『夏は涼しく、冬は暖かい』お家作りにつながるのです。

 

近年、ペアガラスのお家も増えてきて、

最近の住宅は結露がしにくいと言われてきていますが、

最近ではもっと性能のよい窓が増えてきています。

 

Q.窓の性能を上げるって???

↓↓↓

A. 簡単に申し上げると“結露をしない素材”に変えました。

 

“結露をしない素材”とは・・・樹脂です。

  従来の窓の枠はアルミを使ったものが多く、アルミの枠から冷気が伝わり、 結露が発生してしまっていました。

そこで、窓のフレームを樹脂にすることで、 ほとんど結露を起こさない窓が実現できました!!!

樹脂はアルミの1000倍熱を伝えにくい為、結露知らずなのです!

お家作りをこれから検討される方はぜひ、 樹脂サッシを使って、快適なお住まいを作ることをお勧めします!

ちなみに、現在開催中のミライスマイキャンペーンでは、

樹脂サッシへのグレードアップ分はサービスをしています。

↓↓詳しくはこちら↓↓

http://www.pohaus.com/new_year_campaign/

 

 

【赤羽展示場ご見学の予約】

【赤羽展示場instagram はじめました】←フォローお願いします!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.polus.co.jp/mtadm/mt-tb.cgi/7123

コメントを投稿

About

2017年02月11日 10:12に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「地鎮祭」です。

次の投稿は「ポラス初!」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34