« 春日部展示場 | メイン | 広さ感 »

雨に強い家

こんにちは! ポウハウス赤羽展示場の羽子田【ハネタ】です。

いつもポウハウスブログをご覧頂きありがとうございます。

 

このところ雨が続いていますが、 ポウハウスブログをご覧になっている皆様はいかがお過ごしでしょうか?

雨の日って家にこもりがちで気が滅入りますよね・・・。

 

そんな雨模様の気分を脱すべく、先日会社のメンバーで野球をしてきました!

ドロドロのグラウンドでドロドロになりながら!

たまにはいいですね!

 

さて、雨の話題から入りましたが日本の住宅って実は「雨に強い家」だって事、

皆さんはご存知ですか?

 

まずはよく聞く「上棟」って言葉。

「棟上げ」なんて言い方もしたりしますが、建物の基礎ができたらまず柱を立てて 屋根をかけます。

 

壁より先に屋根なんです。

 

これは雨の多い日本や東南アジア独特の家の建て方で、

とにかく雨から家を守ろう、と。

まずは屋根をかけよう、と。

日本の気候に合わせた建て方なんですね。

 

続いて昔ながらのお家によくあるこんな感じの三角屋根。

笠をかぶっているみたいですよね。

 

じつはこの「軒(のき)」の深さにも合理的な理由があります。

雨は外壁汚れの最大の原因です。

 

深い軒が雨だれを遠くに落とし、外壁を汚れから守ってくれているんですね。

そして、最後に「風通し」。

 

木造最大の敵は「湿気」です。

じつは昔の日本の家って、湿気を逃がせるように あえて隙間風が入るようにしていたらしいです。

 

そうすることで「腐敗」から構造体を守っていたんです。

昔の方々の知恵って素晴らしいですね。

 

でも今は違います。

現代の家のトレンドはなんといっても「高気密」!

「隙間をなるべく埋める事で断熱性能を高めましょう!」

そんな考え方です。

 

だからこそ大切になってくるのが風の通り道。

「通風設計」です。

いつでも自然の風が感じられる家。

 

素敵じゃないですか?

ポウハウスでは地域密着の特性を活かして季節の風の向きを徹底研究。

自然の風が常に通り抜ける設計でご提案しています。

いかがでしょうか?

 

昔ながらの住宅の考え方を最新の技術でカタチにする。

それがポウハウスです。

 

ちょっとでも気になった方はお近くの展示場へ!

お待ちしております。

 

【ポウハウス赤羽展示場】

【体感!ポウハウス】

【ポウハウスのお客様宅ギャラリー】 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.polus.co.jp/mtadm/mt-tb.cgi/7382

コメントを投稿

About

2017年10月27日 10:29に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「春日部展示場」です。

次の投稿は「広さ感」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34