« 雨に強い家 | メイン | 上棟 »

広さ感

こんにちは!

POHAUS 松戸展示場の中野【ナカノ】です!

 

先週の休日は、愛車(MINI convertible)の洗車に行ってきました。

きれいになった車を眺めながらついついニヤニヤしてしまいます(笑)

写真の通り私の車はオープンカーでして、トップ部分を閉じていると天井も低く、ものすごく狭く感じます。

しかしオープンした時の解放感は尋常じゃないほどの広がりを感じれます。

 

もはや天井という概念がなくなりますのでその広がりは無限大で、

走ると最高に気持ちが良いです!

と、少し話がそれてしまいましたが

、住宅においてもこの「広さ感」が非常に大切になってきます。

 

例えば同じ4.5帖の居室でも、

・天井高が低いのか、高いのか

・部屋の形が正方形か、長方形なのか

・窓の大きさや配置

等々、部屋のつくりが違うだけで、同じ4.5帖でも広さの感じ方は大きく異なってきます。

 

例えばPOHAUS加平展示場の写真がこちら↓

加平展示場ではキッチンを一段下げてあげて、逆にリビング部分は吹き抜けにし

、吹き抜け部分に窓を配置しています。

人間の目の錯覚を上手に活用してあげていて、低いところから高い所を見上げたり、

視線の抜ける部分を作ってあげると、実際の広さ以上に広さを感じることが出来ます。

 

POHAUSではそういった空間を広く感じさせるつくりの住まいを得意としています。

その為、狭小敷地や変形地といった条件の厳しい敷地でのご提案も多くさせて頂いています。

ご興味のある方は是非ご相談ください!

 

最後に、、、 私が担当している松戸展示場はこの様な方にオススメです。

・狭小地・変形地を上手に活用したい

・外からの視線は入れたくないけど、光の差し込むお部屋にしたい

・半地下や1.5階で限られた空間を広く見せたい

・広々LDKに憧れるけど、収納量も諦めたくない

・自分達の敷地と、似た条件で建築した建物・間取りが見てみたい

・変形地・狭小地で快適な住まいを作るコツを知りたい

etc…

POHAUSの技術とデザイナーのノウハウで、 間取りの不安・敷地のお悩み解決します!

松戸展示場にてお待ちしております。

 

【ポウハウス松戸展示場】

【体感!ポウハウス】

【ポウハウスのお客様宅ギャラリー】

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.polus.co.jp/mtadm/mt-tb.cgi/7383

コメントを投稿

About

2017年10月28日 13:38に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「雨に強い家」です。

次の投稿は「上棟」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34