« 新越谷展示場 | メイン | メーカー選びのコツ »

断熱性能が高すぎると、コスパは悪くなる!?

こんにちは!

POHAUS新都心AZ3展示場の田中【タナカ】です。

寒い日が続いているのでついつい

布団から出たくない日が続きます。

 

私自身暑がりで、寒がりなので本当に毎朝苦労しています。

(非常にめんどくさい人間です。笑)

 

極めつけに私はエアコンが苦手。。。。

 

エアコンが効きすぎていると

目が乾燥するのと同時に

頭がボーっとしてしまう事が多々あります。。

 

今の季節だと寒いけどエアコンも

あまりかけたくないというわがまま男です。

 

私のような人にはPOHAUSの性能の取り組みは

ピッタリだと思います!!(^^)!

 

POHAUSでは断熱性能を関東内陸に設定しており

パッシブエコを採用しております!

 

 

 

埼玉県は夏は暑く、冬は寒い内陸型の気候なので

断熱性能を高めすぎていても

あまり光熱費に影響が出ないことが

実証されています。

→展示場にお越し頂いた際は、ぜひ営業担当に聞いてみて下さい。

 

したがって断熱性能を上げたからと言って

コストメリットが出るかというと出ません。

 

POHAUSオリジナル換気システム

「マイルドエアフロー」により

外気を室温近づけてから取り込むことによって

温度差を緩和することが出来ます。

 

 

 

このようにPOHAUSでは、性能への取り組みを行っています。

 

私がここで書いたことはPOHAUSの取り組みのほんの一部です。

 

もっと詳しく知りたいという方は

POHAUSの「技術と技のセミナー」にぜひ参加してみて下さい。

 

日程はこちらです。

皆様の参加心からお待ちしております!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.polus.co.jp/mtadm/mt-tb.cgi/7450

コメントを投稿

About

2018年02月01日 13:01に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「新越谷展示場」です。

次の投稿は「メーカー選びのコツ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34