« 加平展示場 | メイン | 展示場の仲間たち »

お客様と迎えた二人三脚の引渡し

皆様こんにちは!

 

 

松戸展示場の秋谷【アキヤ】です。

 

まだまだ、寒い日が続きますね。

 

先日、お客様の現場で引渡しを迎えた為、引渡しの立会いに行ってきました。

 

引渡しとは、ご契約後、工事が完了し建物の鍵をお客様へお渡しする日なのです。

 

 

当日の朝、お施主様が待ちきれず、予定時間よりも30分も前にいらしており、

 

ずっと眺めていてくださいました。

 

ご主人様から

 

「秋谷さん、契約時からいろいろ動いてもらってようやくここにたどり着けたね。

 

本当にありがとう」といってくださいました。

 

奥様からは

 

「秋谷さん、その当時は建て替えるのを躊躇していたのだけれども、

 

背中をおしてくれて本当に感謝しているの!

 

少し強引に感じもしたけれど、今となってみればとっても満足よ。ありがとう!」

 

といただきました。

 

お施主様 ご夫婦は建築されるかどうか迷ったときに転勤で名古屋に行かれてしまうことが、

 

わかり他社さんに対してはお断りを入れいれてお話を中断仕様とも思ったそうなんです。

 

 

しかし、今がお二人の転機を迎えるタイミングだと感じた私は名古屋に転勤がきまったときに

上司の判断を仰いだ上で、すぐ名古屋に向かい、背中を押させていただきました。

 

 

ご夫婦からは「最初はビックリしたが、今となっては、いい思い出です。」

 

といってくださいました。

 

お客様一人一人にいろんなドラマが生まれます。

 

これだから住まいに関わる仕事はやめられないのです。

 

とひとり楽しんでいますね。 失礼しました。

 

やはり、なんといってもお客様と一緒に作り上げた住まいが完成する瞬間を

 

お客様と感じることができるのがたまりません。

 

ぜひ、一度、人生の転機を考えている方、住まいに関しての素朴な疑問、

 

お金の事など気軽に聞いてください。

 

 

 

私は夜も綺麗に佇んでいるいるこの松戸展示場におります。

 

展示場にお越しいただければ、お住まいに関して住み心地や使い勝手の良しあしが伝えられたり、

 

より良い住まい作りが可能になります。

 

このブログを読んでいただき、『ああ、こんな家つくりいいな』

 

と思って頂きました方は是非、松戸展示場にお越しください。

 

皆様のご来場お待ちしております。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.polus.co.jp/mtadm/mt-tb.cgi/7475

コメントを投稿

About

2018年03月10日 13:11に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「加平展示場」です。

次の投稿は「展示場の仲間たち」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34