« 土地探しから計画を始めた I様 のお話を紹介します♪ | メイン | 実家のリフォーム or 建て替え どうやって決める? »

ご実家の面影を残して、建て替えができることをご存知ですか?

 


 

 

こんにちは!

 

 

 

ポウハウスアセット営業課の上村です。

 


 

夏のような暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか?

 

これから梅雨が始まります。紫陽花が色とりどりに咲くのも楽しみですね。

 

今回は、愛着のある実家を建て替えするべきか迷われていたN様のケースをご紹介いたします。

 

 

【新しい住まいに実家の面影を残したい

 

 

 

N様ご夫婦は、お子様の出産を機に新しいお住まいを検討されていました。

 

ご実家の近くのマンションにお住まいだったN様。ご両親がお亡くなりになったタイミングと重なり、ご実家のフルリフォームを検討されていました。

 

N様ご自身がご実家にとても愛着があり、ご両親様がとても大切にしたお家。計画を進める中で、全て新しくしてしまうのはどうなのだろうか、という思いをお持ちでした。

 

そこですべてを新しくしてしまう建て替えの新築よりも、実家を活かせるリフォームが良いのではとお考えになったのです。

 

 

 

 

【フルリフォームで実家の思い出を残せる?

 

 

 

そこでN様はまず、実績のある大手の住宅会社にリフォームのプランを依頼。

 

ですが、担当者からは新築のようなプランを提出され、N様の想像していたようなリフォームではなく、実家の面影が全くないプランでした。

 

また、想定していたよりも費用がかかることがわかり、N様は全て新しくなるのであれば新築のほうがいいとお考えになりました。

 

 

 

 

【大手ハウスメーカーで新築すれば実家の面影を残せる?

 

 

 

次に、大手ハウスメーカーに建て替えプラン依頼されました。

 

ご実家への思いをハウスメーカーの担当者に伝え、出てきたプランを見たところ、機密性や耐震基準などはダントツに優れているプランが出てきました。

 

ただ、フルリフォームの時と同様、部材の規格が決まっているため、予算内ではご実家の面影はプランに反映できない内容でした。

 

 

 

 

【「想いをカタチに」私たちが提出したプランは?

 

 

 

最後に、N様は私たちの事務所に問い合わせをいただきました。設計士も同席してどのようなお住まいを建てられたいのか、打ち合わせを行いました。

 

N様のお話から、ご実家への愛着を感じ取った設計士は、後日、N様のご実家を訪問する約束をいただきました。

 

 

 

設計士が見学してみると、築50年といえど、素晴らしい日本建築のお住まいで、特に障子は現代の職人では作れない二枚障子で建てられていらっしゃいました。

 

設計士は、N様がご実家にいたころ、この障子は毎日手に触れていたものだろうと注目。建て替えでは和モダンのお住まいをご希望でしたので、玄関にご実家の二枚障子を取り付けたプランをN様にお見せしました。

 

 

 

N様は初めて実家の建具を取り入れたプランを見せてもらったとおっしゃっていただき、感動しているご様子でした。そして、私たちとご実家の建て替えに取り組むことにされたのです。

 

 

 

【ご実家の建て替え。思いがあるからこそ

 

 

 

本当に実家を壊していいのだろうか?リフォームするべきなのか?と悩む方は意外と多くいらっしゃいます。

 

ありがたいことに、私たちは「実家の面影を残せるハウスメーカー」と建て替えを検討されているご家族からご評判をいただいており、多くのご相談をいただいております。

 

 

 

もし、ご実家の建て替えに悩まれているなら、他のご家族がどのような理由でご決断をされたのか、ご紹介することも可能です。

 

設計士も同席してお話を伺いますので、お気軽にご相談ください。

 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.polus.co.jp/mtadm/mt-tb.cgi/7573

コメントを投稿

About

2019年06月02日 14:55に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「土地探しから計画を始めた I様 のお話を紹介します♪」です。

次の投稿は「実家のリフォーム or 建て替え どうやって決める? 」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34