メイン

耐震 断熱 保証 アーカイブ

2011年01月31日

耐力壁とは。耐力壁(たいりょくへき)ってなに?

「耐力壁」とは、一言で言うと

建物の「横からの力」に対して

支える力(耐える力)がある壁のこと。

つまり、耐力壁とは、築物において、

地震などの水平荷重(横からの力)に

抵抗する力をもつのことを指します。

一方、構造的に固定されていない壁のことは

非耐力壁」と呼びます。

 

「横からの力」と言うと

地震の横揺れ

台風などの強風などが

代表的なものになります。

子どもの頃に遊んだ「積み木細工」が

横からの力に弱いのと全く同じで、

建物も、(垂直方向の)上からの力には

柱で支えることが出来ますが、

横からの力には非常に弱いのです。  

 

日本に住んでいる限り

地震や台風による横からの力は

避けて通ることができません。

木造軸組工法であれば、

柱をより太くすれば、

あるいは、柱が多ければ、

建物は丈夫であると

誤解をしている人もいますが、

それは大きな間違いです。

地震や台風などの

「横からの力」から建物を支え、

倒れないようにしているのは、

柱ではなく耐力壁と言われる部分なのです。

 

耐力壁の代表的なものは、

木造軸組工法の「筋交い」です。

2X4工法では、面材といって

構造用合板などが

耐力壁として使われます。

木造住宅では、各ハウスメーカーによって

いろいろな種類の耐力壁があり、

それぞれ組み合わせて使われています。

プレハブ住宅の耐力壁は、

「ブレース」とも言われていますが、

木材の筋交いが、

鉄筋などの鋼材の筋交いに

代わっているに過ぎません。

 

耐力壁の強さを

「壁倍率」という言葉で表します。

この倍率は「その壁のもつ強さ」

言い換えることができます。

壁倍率が強い壁ほど、

壁の強さ、すなわち、

横からの力に対しても

より強い壁と言うことが出来ます。

 

では、耐力壁は建物の

どこに配置すれば良いのでしょうか。

実は偏った耐力壁の配置は

かえって建物を危険な状態にしてしまうことが

阪神大震災でわかりました。

その後の研究によると 

阪神大震災では筋交いなどの

耐力壁をいくら入れても

耐力壁のバランスが悪いと

建物が倒壊してしまったことが再確認され、

平成12年に改訂された「建築基準法」では、

耐力壁のバランスをチェックする

法律が施行され義務づけられたのです。

このことによって、従来は、

設計者や大工さんの経験でしか

入れていなかった耐力壁も

「構造計算」に基づいて

入れるように改善されています。

 

家を建てる際の

住宅業者の選定にあたっては、

使用している「耐力壁」の種類と強さ、

耐力のバランスの良い配置と

それをチェックする「構造計算」が

行われているかどうかを

営業担当に質問をして

確認しておきましょう。

 

柱の接合金物。

これも重要なのですが

これについてはまたの機会に。

 

-------------------------------------------------------

ポウハウス「公式ホームページ」

pohaus.com on Twitter

このブログのトップページへ戻る

-------------------------------------------------------

2011年03月11日

このたびの地震・津波により被害を受けられた皆様へ

このたびの地震・津波により被害を受けられた皆様へ

3月11日(金)に発生しました
地震・津波にて被災された皆様に、
心よりお見舞い申し上げます。
ご不安な状態が続いておられるかと存じますが、
1日も早い復旧をお祈り申しあげます。


また、弊社のお客様に対しましては、
地震発生以降、速やかに
弊社の社員が個別に
ご連絡を取らせて頂くように努力しておりますが、
実際にはご連絡できていない地域がございます。
恐れ入りますが、お急ぎの場合は、
下記連絡先までご相談くださいますよう
お願いいたします。


弊社の住宅にお住まいの方で、
お住まいについてお困りの点やご質問等がございましたら、
リンク先をクリックしてお問合せ頂くか、
次の番号へお問合せください。

ポラスグループ 住宅品質保証㈱ 048-965-0385

 

2011年03月24日

ポラスに頼んで「ツーバイフォー工法」で建てられますか?

Q.ポラスさんに頼んで

  「ツーバイフォー工法」での建築は出来ますか?

A.はい。出来ます。

 

ポラスグループには

「ツーバイフォー工法」での施工を専門にしている

「HaScasa」(グローバルホーム株式会社)があります。

 

ポウハウスの設計で

建てている注文住宅は

全てが「木造軸組工法」です。 

なので、ポウハウスでは

「ツーバイフォー工法」での建築は

承っておりません。

 

また、ポラスグループの

住宅(分譲住宅・注文住宅)の大部分も

「木造軸組工法(在来工法)」での施工です。 

しかし、「ツーバイフォー工法(2×4)」 での

施工も行っております。

 

ポラスに頼みたいのだけれど

「ツーバイフォー工法」でと決めている方は、

ポラスのツーバイフォー住宅「HaScasa」

お問い合わせ下さい。

 

もしお知り合いの方で

ポラスで家を建てたいのだけれど

「木造軸組工法」と

「ツーバイフォー工法」で 

どちらにしようか悩んでいるの

という方がいらっしゃったのなら、 

まずは、新越谷展示場

(埼玉県越谷市登戸40-34)

足を運ぶことをお薦め下さい。 

 

新越谷展示場には

「POHAUS」(木造軸組工法)の他にも

「北辰工務店」(木造軸組工法)、

「HaScasa」(2×4工法)という

3つのブランドの展示場をご覧頂けます。

しかも。どの展示場も築1年未満の新築です。

最新の住宅のトレンドがわかりますよ。

 

 

ポウハウス一級建築士事務所では
長期優良住宅住宅の施工例が多数ございます。
(標準仕様が長期優良住宅に対応しております)
新築計画で長期優良住宅をご検討の際には
「 デザイン & テクノロジー のPOHAUSにご相談下さい。

 

2013年07月02日

耐力壁とは

耐力壁とは…

建物の横からくる力を支える壁のことです!

建物は、上からの重さには、柱で支えることができます。

でも、横からの力にはとっても弱いんです。

ちなみに、横からの力とは地震の時の横揺れ、台風の時の横からの強風など。

  %E5%9C%B0%E9%9C%87.jpg

 

%E5%8F%B0%E9%A2%A8.jpg

 

 

建物の横からくる力を支える耐力壁ですが、
その代表的なモノが軸組工法の筋交い!!

また、2×4工法では面材と言って構造用合板などが耐力壁として使用。

さらに言うと、プレハブ住宅の耐力壁は、ブレースとも言われますが、

木材の筋交いが、鉄筋などの鋼材の筋交いに変わっているに過ぎません。


建材メーカーが試験を行い、国から認定を取って活用している耐力壁用の建材や
大手メーカーは各社特徴のあるオリジナルの耐力壁を持っていたりします。


ちなみに、ポウハウスはどんな耐力壁を持っているかと言うと…

%E6%A7%8B%E9%80%A0%EF%BC%88WS%29.jpg  

…よくわからないですよね。

次回から少しずつご説明していきます★

ただ、どれも言えるのが強いだけではないと言うこと!

間取りに今まで以上の自由度を与えるもの…

その耐力壁自体がデザイン性を兼ね備えたもの…

オリジナルの耐力壁というデザイナーを支える技術があるからこそ

生まれる間取りがある。


そんな技術や性能をショールーム ウッドスクェアで見学してみませんか。

PO HAUS 山本

ウッドスクェア御見学の方
大好評☆PO HAUS実例写真集 Life style bookプレゼント!

ご来場予約はコチラ→【ウッドスクェアご来場予約

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

%E5%86%99%E7%9C%9F%202013-04-22%2011%2000%2017.jpg  

%E5%86%99%E7%9C%9F%202013-04-22%2011%2001%2058.jpg

%E5%86%99%E7%9C%9F%202013-04-22%2011%2002%2020.jpg

 

 

2014年08月30日

構造現場見学会

家もゆっくりゆーっくり良くなっています。

やっと、ピクチャーレールを購入したので、ギャラリー風になったら

遊びに来て欲しいです!

%E3%81%AE%E3%82%8C%E3%82%93%E5%A4%A7.JPG

先日、入居して8ヶ月のMさまより、お写真付のメールが届きました。

M%E3%81%95%E3%81%BE%E8%96%AA%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%96.JPG

なんだか、ほっこりするお写真3枚。

これからの秋冬に向けて大活躍しそうな“薪ストーブ” 

わが家の家づくりでは、家族の同意を得られず断念した薪ストーブ

私の中では、2軒目では必ず!!とまだまだ諦めていません~

%E3%81%AE%E3%82%8C%E3%82%93%E5%B0%8F.JPG

もともとご夫婦ともにDIY・お裁縫・お料理好きのMさま

簡素な和モダンに『お手製ののれん』が付くと、 どこか素敵な小料理屋さんになることでしょう・・・

貴重な古布をのこしてくれたおばあちゃまもきっとお喜びになりますね♪

 

☆あすのイベントのお知らせ★

OPEN HOUSE 

"構造現場見学会" 

開催日:2014年8月31日(日)

開催時間:10:00-17:00

開催場所:埼玉県川口市

%E6%A7%8B%E9%80%A0%E7%8F%BE%E5%A0%B4%E8%A6%8B%E5%AD%A6%E4%BC%9A.jpg

まずは、構造・耐震を目で見て肌で体感したい方にオススメ!

カタログやホームページでは確認できない詳細を貴重なコノ機会にチェック!!

詳しくは⇒http://www.pohaus.com/event/detail.html?g=681

 

 

ポウハウスのガレージをイメージしたバナー

 

ポウハウス 山崎 

2014年10月25日

スマートブレース×練馬展示場

こんにちは!!東京事業所の春原(スノハラ)です!

今回は、ポラスグループで2014年度GOOD DESIGN賞を受賞した

オリジナル耐力壁スマートブレース」のご紹介です! スマートブレース??

  %E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%96%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B9%5B2%5D.jpg

この鋼製のバッテンは耐震上重要な「スマートブレース」という

ポラスグループのシンクタンクであるポラス暮し科学研究所で開発した耐力壁なんです。

  %E3%83%95%E3%83%AB_%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8%E5%86%99%E7%9C%9F-2_%282%29%5B1%5D.jpg

 上記、写真の赤枠が「スマートブレース

本来であれば耐力壁と言えばになってしまうのが一般的な方法なんですが、

このスマートブレースは外側をにすることが可能になりましたので、

このように南面から最大限を取り込むことができるんです。

%E3%83%95%E3%83%AB%20%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8%E5%86%99%E7%9C%9F.jpg

ご覧ください!!この大開口!!!

今回、グッドデザイン賞を受賞したスマートブレースの実物って見れるの??

見れます!! 

実物が気になるあなたは是非練馬展示場へお越しください!!

にほんブログ村 住まいブログ 狭小住宅へ

2015年02月21日

帰ってきた仲本マン。

新越谷AZ(アルジール)展示場の 仲本です!

 

先日まで、木造工事部(現場監督のお仕事)に出向していましたが、

 

無事に営業チームへ帰ってきました。

 

片道切符の島流しではなかったですよ~\(゜ロ\)・・・(/ロ゜)/ヒヤヒヤ

 

と、いうわけで!

 

PO HAUSでは、こういったジョブローテーションを行う事により、

 

お客様に建築現場で得た知識やノウハウを

より分かりやすくご説明できるように日々勉強しております。

 

現場の風景をちょこっとご紹介♪

職人さんは口べたなイメージがありそうですが、そんなことありません!

オーラ全開!

 

 

御施主さんのこだわり部分。階段の横壁に埋め込み、

光を取り入れることが出来ます!

 

 

現場は常に清掃を心がけています。合言葉は「裸足で歩ける現場~♪」

 

ポラスでは構造耐力壁をオリジナルで開発しているので

写真にあるように、大きな開口部や

 

自由な間取りを設計することが可能となっています。

 

 

只今、POHAUSでは

外張り断熱+構造耐力壁の特別キャンペーン実施中です!

 

詳細は新越谷展示場でお問い合わせください!

 

 

埼玉県越谷市登戸町40-34TBSハウジング 新越谷会場

048-990-7331担当:仲本まで

予約の際は【POブログ新越谷】を見たと

備考欄に記入お願いします。(*^_^*)/

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

2017年02月11日

結露しないってほんとなの?!

こんにちは、ポウハウス赤羽和美庵展示場の山中(やまなか)と申します。

今朝、起きたときに雪が降っていて 春の暖かい日差しを待ち遠しく思っているこのごろですが、

今日は『結露』のお話です。

このブログを読んでいる皆様、 “結露”はご存知かと思います。

そう、窓につく水滴。。。

こちらです。

なぜ、こんなことがおきるのか。

小学校の理科の勉強を思い出しましょう。

下手な絵ですみません。。。

図を見てもらうと、 今日みたいに外の気温が低く、室内が暖かいと、 冷たくなった窓が室内の空気中の水蒸気を冷やして水滴を発生させるので “結露”が発生してしまいます。

こういうお住まいだと せっかく暖められた室内の空気が冷やされやすくなってしまいます。

また冷やされた空気は暖房で暖めなおし、 暖められた空気は窓から冷やされ、、、、同じことの繰り返し。。。

結果的に暖房の効率が悪くなってしまいます。

光熱費も増え、、、冬は出費がかさんでしまう。。。

なんてこともあります。

 

は熱の出入り口が一番多い場所

 

そこで!

窓の性能を上げることで『夏は涼しく、冬は暖かい』お家作りにつながるのです。

 

近年、ペアガラスのお家も増えてきて、

最近の住宅は結露がしにくいと言われてきていますが、

最近ではもっと性能のよい窓が増えてきています。

 

Q.窓の性能を上げるって???

↓↓↓

A. 簡単に申し上げると“結露をしない素材”に変えました。

 

“結露をしない素材”とは・・・樹脂です。

  従来の窓の枠はアルミを使ったものが多く、アルミの枠から冷気が伝わり、 結露が発生してしまっていました。

そこで、窓のフレームを樹脂にすることで、 ほとんど結露を起こさない窓が実現できました!!!

樹脂はアルミの1000倍熱を伝えにくい為、結露知らずなのです!

お家作りをこれから検討される方はぜひ、 樹脂サッシを使って、快適なお住まいを作ることをお勧めします!

ちなみに、現在開催中のミライスマイキャンペーンでは、

樹脂サッシへのグレードアップ分はサービスをしています。

↓↓詳しくはこちら↓↓

http://www.pohaus.com/new_year_campaign/

 

 

【赤羽展示場ご見学の予約】

【赤羽展示場instagram はじめました】←フォローお願いします!

2017年02月13日

家、揺らしてみませんか?

こんにちは。

ポウハウス練馬展示場の北林です。

皆様、建築会社を決める際に重視している点は多々あると思います。

・予算

・間取り

・構造、断熱性能 等々

 

本日はポウハウスの構造に対する取り組みについてご紹介します。

皆様、実大振動実験という言葉を聞いたことありますか?

大きな研究施設で実際に家を建てて、建てた家を機械で揺らして建物が倒れる倒れないを検証する実験のことを言います。

大手メーカーはこの実験を実施していることがほとんどで、カタログ等に実大振動実験で検証していますと表記されていることがあります。

昨今、小さな揺れですが地震も多く、この関東地域もいつ大地震がおこるかわからないといわれています。

皆様、実大振動実験が自分の家で実施できたら安心しませんか?

 

ポウハウスでは、1邸1邸コンピューター上で地震が起きた際にご自身の家が倒壊するかしないかの検証をすることができます。

その名も「ウッドイノベータNEXT」

 

 

実は業界初の試みで、デザイナーが提案する間取りを立体化して、近年起きた熊本地震の振動波のデータをコンピューターに入力して建物を揺らし、倒壊するかしないの検証をすることができます。

  

しかも、ご契約前にご提案するプラン1邸1邸について検証しているのです。

ご提案するプランで一度家を建てて、実際に揺らして検証するには、時間と労力とお金がかかってしまいますが、

「ウッドイノベータNEXT」であれば、そのような時間やコストをかけることなく検証することが可能になっています。

 

 

地震に強い家にしたい!

地震に強い家といえる根拠がほしい!

家にいる家族に安心して住んでほしい!

いうようなご要望がある方は、ぜひお声掛けください。

 

 

私がいる練馬展示場は、大空間のリビングや、窓を大きくとりながら地震に強い家を展示しています。

お近くに来た際には、お気軽にお立ち寄りください。

 

【ポウハウス練馬展示場】

【ウッドイノベーターNEXT】

【ポウハウスのお客様宅ギャラリー】 

2017年03月08日

暑さ寒さに強いポウハウス

こんにちは。

春日部展示場の増田です。

 

まだまだ朝夕の厳しい寒さが続いておりますがいかがお過ごしでしょうか?

今日はそんな暑さ・寒さ対策についてご紹介します。

 

既にご存じの方も多いかと思いますが、

住宅における死因は圧倒的に入浴時が多くなっております。

要するにヒートショックです。

 

冬の部屋間の温度差の理想は3と言われています。

でもこれを実現するのが結構大変なんです。。。

 

ご自宅の浴室、洗面、ホールを想像してみて下さい。

ひんやりしていませんか?

 

 

 

でも、ポウハウスなら実現させてみせます。

なぜならポウハウスはZEH(ネット・ゼロエネルギー)住宅を手掛けているからです。

ZEHとは自宅で消費するエネルギーより、自宅で創るエネルギーが上回る住宅のことです。

 

当然ですが、家の温度差が著しい住宅では冷暖房に頼りがちですよね?

それでは消費するエネルギーが大きくなりすぎてZEHが実現しません。

 

ZEH住宅を手掛ける=住まいの性能が高い

なんてこともひとつ念頭に置きながら展示場を回ってみると

ポイントは抑えられ且つ時間の短縮に繋がりますよ!!

 

前置きが幾分長くなりましたが

皆様のポウハウスの展示場へのご来場心からお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

また、【春日部展示場ではフェイスブックページ】を立ち上げ

住まいの情報発信しておりますのでこちらも見てみて下さい!!

2017年03月17日

ポウハウスの耐震性

こんにちはポウハウス新都心コクーン展示場の堀江(ホリエ)です。

暖かくなり、過ごしやすい季節になってきましたが
花粉症で苦しんでいる方も多いのではないでしょうか。

さて3月はJリーグが開幕となった月です!
我がポラスグループがメインスポンサーをさせて頂いている「浦和レッズ」!!

私は生まれも育ちも浦和なのでこのチームには期待を膨らませております。

これまでは順調に勝ち点を積み上げ好調です!!

そんな浦和レッズに負けないよう我々もお客様の「夢のマイホーム」のご計画の
お手伝いが出来るよう色々なイベントをさせて頂いております。

 

ポラスグループ

★浦和レッズ応援スペシャルサイト★ 

 


住宅購入時は悩み、不安が沢山あるのではないでしょうか。

例えば・・・・
住宅ローン(資金)今買うべきなのか? 耐震性や性能(どんな会社にしたらいいのか)

などなどあるかと思います。

今回はポウハウスの住宅の「耐震性」につての取り組みついて少しお話をしたいと思います。



昨今、頻発する大地震。少し前にはなりますが「阪神淡路大震災」「東日本大震災」「熊本地震」
最近でも東日本大震災の余震とみられる地震が多発しております。

せっかく家を建てたのに家が倒壊しちゃうのではないか。と多くの方が不安に思って知ることかと思います。

その通りです。
地震対策が甘い家は倒壊する可能性が非常に高いのは事実です。



ではどうしたら倒壊(半壊)を回避できるのか。。。

答えは簡単です。

地震が来た時のシミュレーションを建てる前に行えばいいのです!

自分が思い描く家(間取)は果たして耐震基準をクリアしているのか。
でもそれは目ではなかなか見ることが出来ません。

耐震基準クリアしてます!
何回揺らしても倒れません!

この言葉だけでは中々安心できないのでないでしょうか。

熊本地震では基準をクリアしていても倒壊した家は残念ながらたくさんありました。

何回揺らしてもは言わば自動車の燃費を表す実験場のデータと同じですです。
街乗りや乗り方によっては数値は変わってきますよね!
揺らした建物をそのまま建てれば別ですが・・・・


我々ポウハウスでは上記に挙げさせて頂きました不安を解消できる「構造計算ソフト」を開発し
お客様1件1件に使用させて頂いております。

「ウッドイノベーターNEXT」

このソフトを使えば、お客様が思い描いた家を昨今の地震にあてはめ検証することが出来ます。
「ガレージを作りたい」「半地下を作りたい」「吹き抜けを作りたい」「ロフトを付けたい」「柱のない空間を作りたい」「大開口のサッシを付けたい」

などの要望が詰まった家を1棟1棟検証し、どうやったら倒壊(半壊)しないのかを検証し
の検証を目で見て頂けます。

今回は簡潔に書かせて頂きましたが
「耐震性」に少しでも不安をお持ちの方は是非、自分たちの理想の住まいを
揺らしてみませんか?

 

【ポウハウスの新都心展示場】 

【体感!ポウハウス】 

【ポウハウスのお客様宅ギャラリー】 

2017年03月24日

河津桜祭

みなさま、こんにちは。 お久しぶりです。

先日は趣味の写真についてお話させて頂いた羽子田(はねた)です。

 

まずはご報告。 前回のブログで、少し話題に上げた「河津桜祭」。

3月初頭に行って参りました!

 

旅のメインは「河津桜」と熱海が誇る名建築「起雲閣」。

何枚かいい写真も撮れたのでご高覧下さい!

少しだけ☆

河津桜は菜の花とのコントラストがとっても素敵でした。

起雲閣はレトロな大正浪漫が感じられ、まさに「和モダン」!

良いものを見る事が出来ました・・・。

 

さてさて話題は変わりますが、今話題急上昇の「地盤サポートマップ」

みなさまはご存知ですか?

テレビ朝日「ハナタカ優越館」で3月16日に紹介されていました。

 

インターネットで「地盤サポートマップ」と検索し・・・

住所を打ち込むと・・・

周辺の地盤の強さを四段階で表示してくれるというスグレモノ!

テレビを見ていて思わず、 「おやっ!?」と。

実はこの「地盤サポート」。

 

ポラスグループでも似た取り組みをしているんです。

埼玉・千葉・東京をメインに地域密着でやっているからこその、この密度!

 

同じような取り組みが人気番組で紹介されていたので

喜びの「おやっ!?」が漏れてしまいました。

 

お客様のお住まいをお手伝いさせて頂く時は、

毎回自社で地盤調査を実施してデータを蓄積しています。

 

なので調査前に地盤改良のだいたいの金額がわかったり、

土地探しから行っているお客様には、あらかじめ地盤の強いエリアを紹介できたりと

良いことづくめなんです!

 

さらに自社開発のソフトを使って建物の耐久性をシュミレーション

熊本や東日本の地震波を当てても倒れない建物なのか一棟一棟検証しています。

 

おかげで自信を持って提案が出来ているんです。ありがとうございます。

 

「ポウハウスなら耐震に死角なし!」これはちょっと言い過ぎですかね・・・?

ともあれ私含めポウハウスの営業は、 今日も展示場にてみなさまのお越しを心よりお待ちしております。

お時間のある時には赤羽展示場にもぜひ、遊びに来てください!!

 

【ポウハウス赤羽展示場】 

About 耐震 断熱 保証

ブログ「ポウハウス ブログ pohaus blog」のカテゴリ「耐震 断熱 保証」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリは狭小住宅です。

次のカテゴリは間取り 建て替え 二世帯です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34