pohaus blog

和モダン住宅、ガレージハウス、都市型三階建て住宅、二世帯住宅、狭小住宅など、建築家と建てた「デザイナーズハウス」の建築実例・施工例を、外観写真・内装写真とともに紹介します。埼玉県・千葉県・東京都で建築デザインを行う、ポラスの注文住宅設計事務所「ポウハウス」のブログです。

2017年09月29日

土日の展示場に来てみませんか?

皆様、こんにちは。

ポウハウス加平展示場の大熊【オオクマ】と申します。

 

今回は土、日の展示場についてのご紹介をします。

土日は、住宅展示場内でのイベントもあり、お子様を連れて、ご家族で来場される方が多いです。

仮面ライダービルドを観に沢山の方がきておりました!!

仮面ライダービルドのアップ写真です。笑

かっこいいですねぇ~!(^^)!

お子様が沢山来て盛り上がっていました!

他にも様々なイベントを開催しております(^o^)

 

まだ展示場に来たことがない方も、毎週イベントを開催しているので気軽に足を運んで下さい。

 

加平展示場へお越しになりましたら是非ポウハウスの展示場へお立ち寄りください!

狭小二世帯の建物がご見学できます。 ​

ポウハウス加平展示場の外観です!

皆様のご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております。

 

【ポウハウス加平展示場】

【体感!ポウハウス】

【ポウハウスのお客様宅ギャラリー】 


2017年09月25日

ネコハウス

こんにちは。

 

POHAUS川口展示場の岡山です。

 

突然ですが、我が家の家族をご紹介します。

 

 

 

 

 

マーカスです。

 

大事な家族の一員です。

 

我が家は彼を中心にまわっております。

 

猫と暮らされている方はお分かりかと思いますが、

 

彼らは、着の身着のまま、自由に生きてます。

 

自由に食べ

 

自由に遊び

 

自由に寝ます

 

はい、憧れます。

 

ですから、猫と暮らされている方に怏怏として見受けられる傾向として、

 

新築計画も

 

“猫の為”

 

がキーワードになっているように見受けられます。

 

たとえば・・・、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

壁にキャットウォークを作ったり、

 

梁の上を歩けるようにしたり、

 

壁をトンネルのようにくりぬいたり。

 

人以上に猫が楽しめるような遊び心を取り入れて頂いてます。

 

これは我が家の場合では確実に

 

猫と人間のヒエラルキーの逆転現象が起きることでしょう・・・。

 

でも、彼らも家族の一員ですから、ここまでしてあげたくなりますよね。

 

そんな、ネコハウスのご相談多数お待ちしております!

 

ぜひ川口展示場まで!!

 

 

【ポウハウス川口鳩ヶ谷展示場】

【体感!ポウハウス】

【ポウハウスのお客様宅ギャラリー】 


2017年09月22日

生産緑地

こんにちは。栢島です。

ここ数日、台風の影響で寒かったり、台風一過で暑かったり・・・気候の変動が目まぐるしいですが体調を崩されてはいませんか?

私は先月、胃腸炎になりまして(気候とは全く関係ありませんが笑)、日々の体調管理の大切さを痛感しました・・。

皆さんも気を付けてくださいね。

 

 

さて、突然ですが、「生産緑地」という言葉を耳にしたことはありますか?

最近取り上げられることが多くなったので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

 

生産緑地とは、自治体の指定を受けることで、農地としての管理が求められ、また、建物を建てること等が制限されている土地です。

生産緑地に指定された土地には、このような緑色の目印がたっています。

 

 

 

1992年の生産緑地法改正に伴い、この制度が適用されました。それによって、指定された土地が農地並みに固定資産税が軽減されるようになりました。ですが、それも永久にとはいきません。30年という期間が設定されたのです。

その期間が、一気に解除されるのが2022年、「2022年問題」と言われるものです。

解除されるとどんなことが起こるのでしょうか?

 

ひとつ取り上げると、所有者の税金負担が一気に重くなることです。

軽減がなくなった固定資産税が跳ね上がり、所有者の維持も難しくなるかもしれません。

そんな場合、また長期間農地とするか、売却をして固定資産税に充てるか、ということが対策として考えられます。

 

ですが、農業も営むのは難しいけど、売却も避けたい、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、他の選択肢として、アパートを建てて賃貸経営をする、定期借地で福祉法人等に賃借する、等々があるのです。

 

 

ちなみにですが、「平成27年都市計画現況調査」によると、埼玉県には約1,792ha、千葉県には約1,175ha、東京都には3,296haもあるそうです。

30坪(約100㎡)のお家に換算すると、3都県分だけで63万棟以上分もあるのです。気が遠くなりますね・・・。

そう考えると、対策を考えておかなければならない方も多いと思います。

建物を建てることはもちろん、ご売却も検討される場合も、ぜひポラスグループへご相談ください。

周辺の市場も考慮したうえでご提案をさせて頂きます。

 

皆さんも、この機会に考えてみてはいかがでしょうか?


2017年09月21日

旗竿地の建築

皆様こんにちは。

川口展示場の小澤です。

 

今回は、以前に建築いただきましたお客様の建物をご紹介させて頂きます。

まず外観から。

・・・。

 

ほぼ隠れてます。

実はこの建物、いわゆる旗竿地に建っています。

(※旗竿地のイメージはこんな感じです。)

要するに自分の敷地が建物に囲まれている敷地のことです。

 

一般的に旗竿地は

・暗い。

・周りの家との目線が気になる。

・風が抜けにくそう。

といった、マイナスのイメージをお持ちの方が多いかと思います。

 

しかし、マイナスも発想の転換によっては、面白い家づくりを実現してくれます。

もちろんこちらのお客様も見事な工夫を凝らしていただきました。

 

たとえば囲まれているから暗そう、という点ですが、

こんなにも明るいリビングになっております。

 

これを実現してくれているのが、

こちら

吹き抜けを作り、二階の窓から一階に光を落とします。

 

また、窓についても光は通るけど透けて中の見えない

“乳白色”のガラスを採用し、 目線にも配慮しました。

 

またほかにもこんな感じで地窓を設けて玄関の足元の明るさを確保しています。

 

この通り、一般的に“デメリット”とされていることについても

建物にアイディアと工夫を凝らして

“個性”を生み出し、 “デメリット”を解消させられます。

 

なので、 「敷地の○○が不安・・・。」

といったお客様もぜひ一度展示場に遊びに来てみてください!

 

いろんなアイディアでその不安、解消致します!


2017年09月16日

和美庵

 

【ポウハウスのお客様宅ギャラリー】

【体感!ポウハウス】

【ポウハウスの展示場】 


Back  Next
POHAUS

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ